スマートフォン時代の
新しいマーケティングのかたち!

Propagは、メールマガジンを自動でWEBコンテンツ化し、集客最大化、オーディエンスデータ可視化を可能にするプラットホームです。

スマートフォンの普及に伴い、ますます重要度が増すコンテンツマーケティングを”手間をかけず”に、”無料”で始めることができます。

スマートフォン普及に伴うマーケティング課題

  • 広告のネイティブ化

  • バナーブラインドネス

  • アドブロック

コンテンツマーケティング

取り組み必須に!

Propagの特徴

メリット

  • 無料!!

  • すべて自動!

  • 分析データをレポート

有料オプションサービス

  • 編集タイアップ

    タイアップ記事作成
    外部メディア拡散運用

  • 独自メディア構築

    独自CMS構築
    分析システム導入
    記事制作代行

  • システムOEM提供

    独自CMS構築
    分析システム導入

登録フォーム

※ 登録完了後通知される指定メールアドレスにメルマガを配信するだけで、無料でメディア化されていきます!

ご登録ありがとうございました

登録確認メールを担当者様のメールアドレス宛に送信しております。登録確認メール内にて確認を押していただくと、登録が完了となります。もし24時間以内にメールが届かない場合は、大変お手数ですが、再度最初からご登録お願いいたします。

※ エラーが発生いたしました。大変お手数ですが、しばらくしてからもう一度お試しください。
※ 入力内容に不備があります。
利用モール
利用規約

プロパグ掲載規約

本規約は、ランサーズ株式会社(以下「ランサーズ」といいます。)が提供するEC情報提供サービス(関連するサービスを含め、以下総称して「プロパグ」といいます。)への情報掲載について定めるものであり、プロパグへ情報を掲載するお客様(申込を行うお客様を含み、以下「クライアント」といいます。)とランサーズに適用されます。

第1条(総則)

本規約は、プロパグへの情報掲載(以下「情報掲載」といいます。)の諸条件を定めるものです。

第2条(掲載の申込)

1. クライアントが情報掲載の申込を行うにあたっては、ランサーズの定める所定のウェブサイトのフォーム上から必要情報を入力のうえ、本規約及びQuant利用規約に同意してクライアントの情報をランサーズに送信するものとします。

2. 本規約以外にランサーズが別途定めるガイドライン、ルール等についても本規約の一部を構成するものとします。本規約の規定と、本規約外における情報掲載に関する説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

3. クライアントからの情報掲載申込みに対して、ランサーズは審査を行い、遅滞無く承諾または拒絶の意思表示を行うものとします。但し、ランサーズは情報掲載について承諾の意思表示を行った場合であっても、情報掲載の開始日を調整する権利を留保します。また、情報掲載について承諾を受けたクライアントは、別途ランサーズに通知することで、ランサーズが提供するQuantサービスの当該クライアント用アカウントの引渡しを受けることができます。

4. ランサーズは、プロパグのデザイン、仕様等を、自らの裁量で予告無く変更することができるものとします。

第3条(掲載情報の入稿方法)

1. クライアントは、情報掲載を希望するメールマガジン(以下「掲載情報」といいます。)を、申込時に申告したメールアドレスからランサーズが指定するメールアドレスまで送信して提出することとします(以下「入稿」といいます。)。

2. クライアントからの入稿は、ランサーズが指定した又は通常使用するメールサーバ中のメールボックスに掲載情報が読み取り可能な状態で記録された時点をもって、適法かつ正当になされたものとみなします。

3. ランサーズは、前2項の定めに従って入稿されたメールマガジンについて、サイトヘッダ及びフッタの挿入等、情報掲載を行うために必要な処理を機械的に行った上で、掲載情報の内容については編集またはインデックス付け等の処理を何ら行わず、本規約に違反する掲載情報を除き、入稿された内容の通りに情報掲載を行います。

第4条(クライアントの責務)

1. クライアントは、入稿する掲載情報が第三者の知的財産権、肖像権その他いかなる権利も侵害するものでなく、かつ、合法的であることをランサーズに保証するものとします。また、掲載情報について第三者の利用許諾等の権利処理が必要なものが含まれる場合、そのすべてにつき、クライアントが使用すること及びランサーズ並びにランサーズが許諾を行った第三者(以下「再利用被許諾者」といいます。)が再利用することに必要な同意取得等の処理が完了していることを、ランサーズに保証するものとします。

2. クライアントは、入稿した掲載情報について、ランサーズまたは再利用被許諾者がその裁量により要約、抜粋等の編集・改変を行った上で再利用を行うこと、及びランサーズ並びに再利用被許諾者に対して著作権または著作者人格権を行使しないことを承諾するものとします。

3. 第三者からランサーズに対し、掲載情報に関連して何らかの異議やクレーム等が寄せられた場合、損害を被ったという請求がなされた場合、その他何らかの紛争やトラブルが生じた場合は、クライアントの責任および負担において解決するものとします。

第5条(掲載禁止情報)

ランサーズでは、掲載情報について、掲載情報の内容及び当該掲載情報のリンク先の内容が以下の各号(以下「掲載禁止情報」といいます。)のいずれかに該当するか否かの確認を行い、掲載禁止情報に該当すると判断した場合には、ランサーズは掲載情報の削除を行えるものとします。なお、ランサーズは判断理由について、開示いたしません。

(1)暴力、賭博、麻薬、売春等の犯罪を肯定・美化するもの、犯罪的行為に結びつくもの、またはその他犯罪を誘発する恐れのあるもの

(2)性に関する表現で、卑猥性の高いもの、醜悪、残虐、猟奇的で不快感を与える恐れのあるもの、またはその他風紀を乱す恐れのあるもの

(3)公序良俗に反しているもの

(4)第三者を誹謗中傷するもの、その財産、プライバシーを侵害するものまたはその他不利益を与えるもの

(5)掲載情報の表現とリンク先の内容が著しく異なるもの

(6)明示的もしくは黙示的に特定競合を示唆した比較表現、実証されていない事項を挙げる比較表現、不公平な基準による比較表現が含まれるもの、投機、射幸心を著しく煽るもの、欺瞞的なものなど、いわゆる悪質商法によるもの、非科学的、もしくは迷信に類するもので、プロパグの利用者を惑わせたり、不安を与える恐れのあるもの、または法令、条例その他規則、行政指導などに違反するもの、もしくはその恐れのあるもの

(7)氏名、写真、談話及び商標権、著作権等を無断で利用したもの

(8)特定の宗教や政治に関するもの、または内外の国家、民族などの尊厳を傷つける恐れのあるもの

(9)ランサーズにおいて情報掲載不可としているサービス、商品に関するもの、プロパグもしくはランサーズの運営するサービスと競合する会社、サービスに関するもの、またはプロパグまたはランサーズの運営するサービスの運営を妨げるもの

(10)クライアントが現在または過去に、本規約に違反もしくは掲載禁止情報に該当していた場合またはランサーズが提供する他のサービスに関する契約に違反していた場合の当該クライアントからの入稿

(11)内容その他につき責任の所在が不明確なもの、内容およびその目的が不明確なもの、内容に虚偽や不当・誇大表示があり、誤認・錯誤される恐れのあるもの

(12)その他、プロパグまたはランサーズの運営するサービスの品位を損なうと判断されるもの、またはランサーズが不適切と判断したもの

第6条(掲載情報の変更)

ランサーズは、掲載情報の内容等が法令に抵触するまたは掲載禁止情報に該当するおそれがあると判断した場合、または掲載情報について第三者から異議やクレーム等があった場合、催告その他何らの手続きを要せずに掲載情報を削除することができるものとします。

第7条(免責)

1. 停電・通信回線の事故・天災等の不可抗力、通信事業者の不履行、インターネットインフラその他サーバー等のシステム上の不具合、緊急メンテナンスの発生などランサーズの責に帰すべき事由以外の原因により情報掲載が正常に行えなかった場合、ランサーズはその責を負わないものとします。ただし、ランサーズの故意または重過失による場合はこの限りではありません。

2. 情報掲載中に、クライアントが本規約に違反することが判明した場合、掲載情報または掲載情報からのリンク先が掲載禁止情報に該当することが判明した場合、掲載情報からのリンク自体が無効となった場合、リンク先のサイトに不具合が発生した場合、またはリンク先をランサーズに無断で入稿時と異なるものに変更した場合、その他当該クライアントの情報掲載及びQuantの利用許諾を継続することが相当でないとランサーズが判断する合理的な理由がある場合は、ランサーズは当該クライアントの情報掲載及びQuantアカウントの全部または一部を停止することができるものとし、この結果当該クライアントに損害が発生した場合であっても、ランサーズは何らの責も負わないものとします。

第8条(秘密保持)

クライアントは、本規約に基づく情報掲載の履行に関し知り得たランサーズの機密事項について、情報掲載の目的にのみ使用するものとします。

第9条(反社会的勢力との取引排除)

1. クライアントは、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員ではなく、またこれらでなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。

(1)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること

(2)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

(3)自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること

(4)暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること

(5)役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

2. クライアントは、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。

(1)暴力的な要求行為

(2)法的な責任を超えた不当な要求行為

(3)取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為

(4)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いてランサーズの信用を毀損し、またはランサーズの業務を妨害する行為

(5)その他前各号に準ずる行為

3. クライアントが、暴力団員等もしくは第1項各号のいずれかに該当し、もしくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、または第1項の規定にもとづく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明し、情報掲載を継続することが不適切であると判断した場合は、ランサーズは自らの裁量で情報掲載を停止することができるものとします。

4. 前項の規定の適用により、クライアントに損害が生じた場合にも、クライアントはランサーズになんらの請求を行うことができません。また、ランサーズに損害が生じたときは、クライアントがその責任を負うものとします。

第10条(譲渡禁止)

クライアントは、ランサーズの事前の書面による承諾を得ることなく、本規約に基づく権利、義務その他契約上の地位を第三者に譲渡しまたは担保に供してはならないものとします。

第11条(準拠法・裁判管轄)

1. 本規約の準拠法は日本法とします。

2. 本規約に関する訴訟については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第12条(本規約の変更)

ランサーズはいつでも本規約の各条項を変更することができるものとします。

制定 2016年3月31日